top of page
  • iwataku

『犬の病気』の中には致死率がほぼ100%と恐ろしい病気も…


犬がかかる病気の中には、恐ろしいことにほぼ確実に亡くなってしまう致死率の高い病気も存在します。具体的にはどのような病気が当てはまるのでしょうか。この記事では致死率がほぼ100%と言われている『病気』を見ていきましょう。


犬がかかる病気には、さまざまな種類の疾患があります。治療することで治る病気もあれば、完治が難しく進行を遅らせる方法が採用される病気もあるでしょう。

そして中には、「かかってしまうと致死率がほぼ100%」と言われるような恐ろしい病気もあるので、犬を飼っているご家庭ではできる限り予防策を実施して発症しないよう気をつけなければなりません。

致死率の高い病気の中には、犬だけでなく人間にも感染してしまう病気も含まれているため、飼い主やご家族も注意しましょう。


では、犬がほぼ確実に亡くなってしまう『病気』には、どのような疾患が当てはまるのでしょうか。短期間で死に至る病から条件によって致死率が大きく変わる疾患までさまざまなので、その特徴を確認してください。


1.犬ジステンパーウイルス感染症

2.狂犬病

3.犬パルボウイルス感染症


いかがでしたか。犬がかかる病気の中には、致死率がほぼ100%という非常に恐ろしい感染症があります。毎年のワクチン接種はもちろん、日頃から免疫力が下がらないよう生活習慣を見直すことも重要です。


詳しくは、HPを参照してください。

掲載期間: -

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペット口実にLINEアカウント乗っ取り 外部SNS使った手口に注意

ペット口実にLINEアカウント乗っ取り 外部SNS使った手口に注意 2024年05月18日 ITmedia NEWS ペットを口実にLINEアカウントを乗っ取る手口を確認したとして、LINEの公式Xアカウントが5月17日に注意を呼び掛けた。他のSNSで「かわいいと思うペットに投票してください」などとするDMを送信。偽のログイン画面に誘導し、認証情報を入力させるという。 今回公表された手口は次のよう

Comments


bottom of page