• iwataku

フィラリアに感染するとどうなるの?

更新日:10月15日

病院からのアドバイス(ワンちゃん)


暖かく過ごしやすい季節になると、気をつけなければいけないのが蚊の対策です。よく知られているのがフィラリア』ですが、「聞いたことはあるけれど、どんな病気なのかよくわからない」という飼い主さんも多いのではないでしょうか?今回は、知っているようで知らない、フィラリアについてです。


フィラリアとは、ワンちゃんが蚊に刺されて感染する寄生虫で、このフィラリアが心臓で増殖することで、さまざまな症状が起こります。これを、「フィラリア症」といいます。「咳が出る」「食欲がない」「元気がない」「呼吸困難」「血尿が出る」といった症状が現れ、重度の場合は命に関わることもあります。このため、予防薬を確実に投与することが重要なのです。


フィラリア症の予防方法は、月に1回予防薬を投与するだけです。錠剤や皮膚に垂らすタイプなど、薬の種類は複数あるので、ライフスタイルや投与のしやすさに合わせてお選びいただけます。蚊によって感染する病気なので、投与期間は地域によって異なりますが、蚊が出始めて1カ月以内から蚊がいなくなった1か月後まで毎月忘れずに投与するようにしましょう。わたしたちも、蚊に刺されないように蚊取り線香や虫除けスプレーなどを使いますが、それでも刺されてしまうことがありますよね。ワンちゃんも同じで、いくら虫除けスプレーをしても、100%防げない場合もあります。


予防薬を必要な期間にわたって確実に投与していれば、きちんと防げる病気です。うっかり忘れないよう、毎月の投与日を手帳やカレンダーに書いておくのもおすすめです。


ワンちゃんの健康を守るためにも、動物病院でしっかり対策してあげましょう。


掲載期間:20220502~

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示