• iwataku

日本初「犬の鼻紋」をAIが解析し個体識別するNoseIDアプリ β版リリース

株式会社 S’more 抜粋


スマホで鼻をスキャンするだけでいつでも誰でも犬を特定・飼い主へ連絡ができるアプリ ~ 迷い犬ゼロへ向け行政連携社会実証スタート ~


 株式会社S‘more(本社:東京都中央区、代表:韓慶燕・澤嶋さつき)は、一頭ずつ異なる犬の鼻の紋様=鼻紋をAIで識別するNoseIDアプリβ版を2022年5月21日にリリースしました。鼻紋認証技術を活用した日本で初めてのサービスで、鼻をスマホでスキャンするだけで犬を特定、飼い主に連絡ができるようになります。災害時や迷子時等愛犬家と犬の予期せぬ別れを防ぐツールとして期待され、リリース後3週間弱で5,000頭の登録を達成。


 マイクロチップは迷子犬が最終的に保護された施設で専用リーダーで読み込むため、最後の砦として安心な『公助』の役割を。NoseIDはその手前で、迷子犬を発見した人や飼い主さん同士がスマホでより手軽に助け合える『互助』の役割を担っています。情報を繋げたりコミュニティで助け合い解決していくため、マイクロチップや迷子札とは役割が異なります。

 詳しくは以下のURLを参考にしてください。


NoseIDアプリ β版リリース (株式会社S‘more(スモア)


掲載期間:20220610~20220731






閲覧数:7回

最新記事

すべて表示